まち家カフェ Sacay

堺の和菓子を楽しむカフェ
2017年1月5日(木)グランドオープン

Concept

コンセプト

 〜堺和菓子を世界へ発信する拠点を目指して〜

 
戦国時代、世界有数の貿易港として繁栄した堺。
時を同じくして、千利休に代表される堺の「茶の文化」が生まれました。
その茶の湯の伝統と共に歩んできたのが「堺和菓子」。
現在でも堺には、和菓子の老舗・名店が数多く点在します。
 
「まち家カフェSacay」は、旧・堺市街の中心に位置する「堺山之口商店街」にあり、名店の堺和菓子とお茶・コーヒーをセレクトし、ゆっくりとお楽しみ頂けるお店です。
 
観光・まち歩きのお休み処として、日常のアクセントとして、至福の時をお過ごしください。

Story

まち家カフェ Sacay

 ○なぜ「Sacay」なのか?
 「黄金の日々」といわれ堺が最も繁栄した、戦国時代末期(1600年頃)の世界地図には、日本の都市として京都、堺(Sacay)、鹿児島が掲載されています。
その時代に少しでも近づきたいとの思いで「Sakai」ではなく「Sacay」と表現しました。
 
○堺の和菓子
南蛮貿易で栄えた堺の港。日本有数の貿易港であった堺は、江戸時代に入っても北前船の終着点として、また紀州・阿波・薩摩などとの交易で様々な物資が往き来しました。その中でも重要な物資として「砂糖」がありました。
茶の文化が続く堺では、お茶菓子としてその砂糖を使って和菓子作りが盛んに行われました。現代にもその文化は続き、和菓子の老舗・名店が数多く存在します。
 
○堺山之口商店街
旧堺市街(環濠の内側)の中心に位置する「堺山之口商店街」(やまのくち)。
千利休や、山上宗二、与謝野晶子の生家がすぐ近くにあり、堺南庄の氏神である開口神社(大寺さん)の参道としても大いに栄えました。
大寺さんの由縁である念仏寺は行基の開祖と伝わっています。
歴史のある、山之口界隈をより楽しんで頂くため、また堺観光の中心であるこの地にカフェを開くことにしました。

About

まち家カフェ Sacay

 まち家カフェ Sacay(さかい)は、株式会社泉州ドットコムが運営しております。
株式会社泉州ドットコムは、堺・泉州地域の活性化を目的に設立し、泉州情報ポータルサイト「泉州ドットコム」や、堺・泉州地域のお土産店「泉州庵」などを運営しております。